流山映像写楽

流山映像写楽のブログです。

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

≫ EDIT

『第47回 東京アマチュア映像祭』のご案内

当会も参加している『第47回 東京アマチュア映像祭』のお知らせです。
出品作は、16番目に上映する伊藤昌昭作品「漱石が愛した街」です。
ご期待下さい。

と き:2013年9月15日(日)
    am9:30 会場/am10:00 開映
ところ:江戸東京博物館ホール

    JR両国駅西口 徒歩3分 国技館隣
入場無料

【プログラム】
<第1部> am10:00

①風の楽章(7分30秒) 目崎敏夫
 風、何処にでも吹いている風。微風、弱風、強風様々な風による自然のいとなみ。楽章に準えて創りました。
②絹の道(遣水-やりみず-商人達の盛衰(8分30秒) 鳥井孝紀
 安政6年に横浜が開港され日本の生糸が世界に輸出された。八王子市遣水に住む生糸商人の盛衰を追った。
③八菅神社例大祭~火渡り神事~(6分) 加藤 守
 毎年3月28日、愛川l町の八菅神社で例大祭が執り行われます。火渡りの神事は火の中を山伏が渡り、ー般の人も渡ることが出来ます。
④ぽくのゆめ(11分) 山本恵司
 子供の頃の夢はとてつもなく大きい。でも小さく夢をかなえた。
⑤世界文化遺産 富士山(10分) 名取典男
 2013年6月、富士山が世界文化遺産に登録された。山岳信仰や芸術の対象としての富士山の魅力に迫ります。
⑥水の命(7分) 辻 升人
 安曇野に方丈記の「ゆく川の流れは絶えずして しかも元の水にあらず」の風景をみつけました。そしてビデオ俳句として残します。
⑦牛乳パックであんどん作り(8分30秒) 一之瀬烱次
 横浜市金沢区の小学4年生が瀬戸の秋月、お月見復活祭参加のため牛乳パックであんどん作りを行いました。

<第2部> am11:25
⑧早春の足和田山(10分) 中村克末
 富士山の展望で有名な足和田山に登リ富士は期待以上の眺めでした。下山後には素晴らしい光景が待っていました。
⑨舞い降りる(9分) 田中康弘
 一見華麗に見える軽飛行機の着陸練習って何をしているんでしょうね。一緒にちょっと眺めてみませんか。
⑩有朋自遠方来(9分30秒) 横田允孝
 ある日散歩の途中、黄泉の国から偶然舞い戻った幼馴染みの友と束の間の再会をしたというお伽噺。
⑪大江戸神田祭(11分) 脊尾篤操
 町内の八百屋さんが一世一代の神輿の上にのぽれるチャンスなので是非撮って欲しいと言われ初めての神田祭を撮影しました。
⑫祖母と暮らして(9分) 陣野秀明
 仕事の忙しさにかまけて祖母には何もしてやれなかった。感謝をこめてこの作品を作りました。
⑬餅と盃にらめっこ(10分) 亀井和雄
 市川市に伝わる面白い“にらめっこ御奉謝(オピシヤ)”の行事をお伝えします。
⑭歩いて生きる-阿闍梨1000キロの旅-(14分) 吉田 博
 酒井阿闍梨が、平安時代慈覚大師が東北1,000キロの布教をした足跡をたどり巡礼で歩く。東北の優しい人々も時々ついて歩き、心の旅路を進んでいく。

<第3部> pm13:00
⑮大晦日の狐火(8分30秒) 藤井千和子
 「毎年大晦日になると関東一円から狐が集まり装束を整えて王子稲荷にお参りした」そんな昔の青い伝えを受け継ぎ、王子装束稲荷神社に集まったキツネに扮した人々が王子稲荷へ参詣します。
⑯漱石が愛した街(8分) 伊藤昌昭
 明治の文豪夏日漱石が愛したゆかりの街を歩いてみました。
⑰幻 映(8分) 宇賀正弘
 昔の幻灯が進化し、光と音が融合して出来たイメージ。
⑱川友(センユウ)の詩(9分) 大塚雅昭
 ズパリ斬る。ホロリ泣かせる。チクリ刺す。ニンマリ笑う。ボンと膝打つの川柳で、人生を語る。
⑩世界遺産・平泉紀行(11分30秒) 渡辺和博
 2012年度世界文化遺産となった平泉。早速もみじの季節、中尊寺、毛越寺と撮影に出かけました。平泉の魅力が映像作品となれば幸いです。
⑳横手の雪祭(ぽんでん奉納(12分) 田村尚男
 かまくらで有名な横手の雪祭。その最終日に行われるぽんでん奉納。若者の力と力のぶつかり合いをご覧ください。
21 神戸の恩返し(10分45秒) 今井康悟
 阪神・淡路大震災の時、神戸の人々は東北の方々から大変お世話になりまし。その恩返しにと神戸NPO法人代表「荒井いさお」さんは東日本大震災の被災者の為に救援に立ち上がりました。私はその姿に感動しました。

<第4部> 全国ビデオ映像コンテスト入賞発表 pm14:50
●あいさつ 東京アマチュア映像連盟会長 鹿島隆雄
●入賞者発表・賞状授与
●審査講評 ビデオ指導評論家 青木寿一郎

グランプリ 音の職人(10分) 古川一清
優秀賞 台地の詩(9分30秒) 大町信平
優秀賞 技人~伝統芸能を守り育む人たち~(10分) 鈴木忠夫
入 賞 花炭の風雅(10分) 蒲 宏樹
入 賞 我が心の山神様(10分) 石川 勝
入 賞 挽物師~二人で時を刻む夢~(10分) 後藤アツ子
入 賞 銀輪15,000Kmシルクロード20年(10分) 河野照夫
入 賞 日本の国蝶オオムラサキ(8分) 武衛晴雄
チルンジ賞 ちょい呑み はしご酒(5分) 高橋千鶴子
チルンジ賞 故郷を訪ねて(5分) 野上五十満
ヤング賞 Voice(4分30秒) 樫木洋平

終映:pm17:30

《参加クラブ》
市川映像協会/映像神奈川/SES山岳映画サロン/春日部シネサークル/川越シネクラブ/川崎映像/相模原グリーンビデオクラブ/山岳映画サロン/CFC千葉/新宿ビデオ愛好会/セントラル・アマチュア・シネ協会/銚子映像クラブ/東京ABU/東京映像/東京88会/所沢映像研究会/流山映像写楽/八王子アマチュア映像協会/船橋シネエマノン/町田映像クラブ/夢工房

| 年間行事 | 15:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新宿ビデオ愛好会『第11回 公開映写会』のご案内

◆日時:9月23日(月・祝日)
    開場:11時30分/開映:12時
◆会場:江戸東京博物館 1階ホール
    JR総武線両国駅西口 下車徒歩3分
    地下鉄都営大江戸線両国駅下車A4出口 徒歩1分

| お知らせ | 10:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

市川映像協会『旅の映画の夕』のご案内

★スクリーンの旅に出てみませんか★ 『第27回 旅の映画の夕』

各地を訪ねて旅の情景と様々な人との出会いをビデオ・カメラに記録してきました。
旅は楽しいですね!ご家族やお友達お揃いでのご来場を、会員一同、心よりお待ちしております。

と き:平成25年9月13日(金)
     開場:PM.6:30 開映:PM.6:55
ところ:市川市文化会館小ホール
    JR総武線・都営地下鉄新宿線「本八幡駅」下車 徒歩7分
    車でのご来場はご遠慮下さい。
主 催:市川映像協会
入場無料

【プログラム】
1.銀ブラ ―銀座/春―……………………山田好江
パリコンを購入すると編集ソフトiMovieが入っていて簡単にビデオ編集か出来ます。試しに手持ちでビデオカメラで撮影した映像を並ペ、タイトル、CDからの曲、映像を見なから、ナレーションを付けました。(6分)
2.晩秋の風 ―軽井沢・妙義/秋―………中川由紀子
12月の初め軽井沢の朝、湖畔にはうっすらと霜が降りています。霧が漂う静かな水面に朝日が射して、水鳥の遊ぶ姿が見えてさました。辺りにはすっかり葉を落とした樹や、谷間に残る鮮やかな紅葉に季節の移ろいを感じました。(6分)
3.青春の躍動 ―千葉市/冬―……………後藤アツ子
目標に向かって、毎日厳しい練習に励んでいる高校生達の婆は、美しい。全員の心か一つになった時、花ひらくのです。(10分)
4.盛夏北岳 ―南アルプス/夏―…………前野三郎
日本第二位の高峰「北岳」。一般ルートで知られている広河原から大樺沢を経て八本歯のコル、そして北岳山荘で一泊、翌日間の岳から北岳への登山。大自然に触れ合うことか出来て良い山旅になりました。(15分)
5.職人万歳 極める・匠 ―板橋/春―………市村藤三男
およそ、400年近い歴史を持つ「真田紐」に、職人暦60数年を誇る市村藤斎さんが、江戸真田紐の世界入ったのは23歳の時、厳しい修行時代を経て、伝統を極める匠です。(10分)
6.夜明けのうた(歌謡コン作品) ―北アルプス/夏―……中村克未
 夏、北アルプスの唐松岳に登山しました。頂上から、夜明けの景色が深く心に残りました。そこで夜明けの歌の曲に合わせてみました。(4分)
7.かっぱなにさま?かっぱさま!(歌謡コン作品) ―牛久/秋―……石田勝彦
茨城県の牛久沼畔には小川芋銭のアトリエ「雲魚帝」や「河童の碑」があります。河童の絵を多く残した事から「河童の芋銭」と呼ばれた芋銭の描く河童を主人公としたアニメを作りました。河童とは何様なのでしょうか?(4分)
8.深川七福神巡り ―深川/冬―………………横田允孝
クリスマスでは俄クリスチャン。年か明け正月になると今度は熱心な神社お寺の信者に変身。早速初詣に出かけてみました。(9分)
9.ポン太とポン子の世界一周旅行(撮影会作品) -世界の国々-……永井美代子
たぬきのポン太とポン子が、何と世界一局の旅に出かけたんです。世界各国の名所をお楽しみいただきましょう。(10分)
10.黒部ルート見学会 ―黒部川流域/夏―…………鈴木吟次郎
あまり知られていない「黒部ルート見学会」。関西電力の見学応募に参加した記録です。(10分)
11.神戸の恩返し ―東北/春・夏・秋―…………今井康悟
神戸の人々は阪神・淡路大震災の時、東北の方々から大変お世話になりました。神戸のNPO法人代表「荒井いさお」さんは、その恩返しにと東日本大震災の被害者の救済に立ち上かりました。私はその姿に感動しました。(11分)

| お知らせ | 10:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

  1. 無料アクセス解析