流山映像写楽

流山映像写楽のブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

足利映像クラブ『助戸市民劇場⑨ 手作り映画で観る足利』のご案内

文化が栄える所には、必ず映像・記録がある。
私でしか。市民でしか、記録できない映像がある。
好評だった昨年の助戸市民劇場。
手作り映画で観る「足利」。
長期取材モノ、30年前の市街と幼稚園の運動会の家族ビデオなど。
ユニークな作品が揃いました。
今年も開催します。映像と記憶を市民と共に。

日時:2013年6月23日(日)
   開場:12時30分/開映:13時
会場:足利市助戸公民館ホール
   栃木県足利市助戸仲町453-2/電話:0284-44-0791
主催:足利映像クラブ
共催:助戸公民館

入場無料

【プログラム】
①「響き合う里」12分 篠崎翼子
  田沼は日本の「オカリナ文化発祥の地」といわれる。地域の人達がステージ・広場を建設。オカリナの音色が里山に満ちる。
②「磯山神社のアジサイ」7分 鶴巻達久 
  楡木のアジサイ寺。6月境内はアジサイで埋まる。
③「なかよし」18分 松島健一朗 
  作者の年子の子供の足利幼稚園入園を巡る3年間を綴った。40年前の街並みが蘇る8ミリテレシネ作品。
④「三栗谷用水の鉱毒対策」15分 木村 歩 
  昭和9年~43年まで鉱毒対策事業が行われた。戦時中設置された集水渠など施設を紹介する。
⑤「冬の陽気を夏に売れ!」19分 石川 勝 【2013TVF優秀作品賞】
  冬 閑散とした日光で、風物詩と謂われる天然氷造り。廃業の危機に地元の仲間たちが復活を賭けた。
⑥「廃線跡の詩」15分 阿部善明 【2002群馬手作りビデオコン・グランプリ】
  1989年。国鉄足尾線からわたらせ渓谷鉄道発足。しかし間藤~本山駅間1.9㎞は閉鎖された。枕木を踏み歩くとかつて活躍したSL=C-12型が沸々と浮かんできた。
⑦ 「車椅子の棟梁」12分 篠崎翼子
  50歳の棟梁が突然、下半身麻痺に。5年後、旧知の顧客からどうしてもと仕事が。車椅子の棟梁、復活の記録。
⑧ 「神楽が街にやってきた!」18分 石川 勝 
  神楽に魅せられたある女性の想いが3.11を契機に大勢の気持ちを動かした。ばんな寺境内に早池峰神楽が舞った。
⑨「土の詩」28分 松島健一朗
  35年前 飛駒に1人の男性が住み着いた。オカリナに取り憑かれた火山久である。弟子とともに創作に明け暮れる日々を追った。その弟子の1人が若き宗次郎その人である。

終映:16時15分予定

| お知らせ | 14:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagareyamasharaku.blog120.fc2.com/tb.php/166-527d689a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  1. 無料アクセス解析